大塚雅貴写真集「SAHARA」砂と風の大地 表紙

大塚雅貴写真集

「SAHARA」砂と風の大地

サイズB5判
(257o×182mm)
価格 2750円+税
発行 2015年5月29日発売
山と渓谷社刊

耕して天に至る

大塚雅貴写真掲載

美しきアルジェリア 
7つの世界遺産を巡る旅
(地球の歩き方GEM STONE)

 

価格1,995円(税別)
地球の歩き方編集室 発売中

耕して天に至る

大塚雅貴写真集

耕して天に至る
- 中国・雲南 世界一の棚田 -

価格2,600円(税別)
毎日新聞社 発売中

日本の山郷

日本の山郷で出会った、どこか懐かしい風景

雲が動き、草木が揺れた。風はいつも山の頂上から麓へと流れる西風だった。岩手県北西部、稲庭岳の中腹に広がる豊かな草原では牛が草を噛み、近くのブナ林から多くの野鳥の声が聞こえてくる。静かに時は流れ、やさしい風は身体を包み込むように土や草の香りを運んでくれる。豊かな自然に囲まれ、素朴な人々が暮らす山郷に身を置くと子供の頃の懐かしさが甦ってくる。  岩手県北部二戸市から浄法寺町へ抜ける山道を歩けば、小さな畑で稲を栽培しているおじいさんに出会った。大きな牧場の中の小さな畑。「自分が食する分だけ作っています」と、答えてくれたおじいさんの瞳はとても印象的だった。  今回の撮影で最も時間を費やしたのが岩手の山郷。それは全国の山郷を歩くきっかけとなりました。新潟では山々からの日の出を、九州では空を映す棚田を捉え、虹を探しに何日も車を走らせたこともありました。ときに猛烈な風は自然の厳しさをおしえてくれました。そして様々な表情を見せてくれる自然は私たちの心に新たな鼓動を刻み続けます 。