大塚雅貴写真集「SAHARA」砂と風の大地 表紙

大塚雅貴写真集

「SAHARA」砂と風の大地

サイズB5判
(257o×182mm)
価格 2750円+税
発行 2015年5月29日発売
山と渓谷社刊

耕して天に至る

大塚雅貴写真掲載

美しきアルジェリア 
7つの世界遺産を巡る旅
(地球の歩き方GEM STONE)

 

価格1,995円(税別)
地球の歩き方編集室 発売中

耕して天に至る

大塚雅貴写真集

耕して天に至る
- 中国・雲南 世界一の棚田 -

価格2,600円(税別)
毎日新聞社 発売中

レユニオン島
熊野01
熊野02

青い海と褐色の大地が織りなす大自然

 「大きく旋回してもう一度海岸線を撮影させてくれ」、ドア全開、強烈な風が吹く中でパイロットの肩を叩いて合図を送った。腰に巻いた一本のロープに記者が足を支え、上空300メートルから真下に広がるシャーク湾を捉えた。「シャーク」と名がついているだけあって、海にはたくさんのサメがゆったりと泳いでいる。セスナからの撮影のため、強烈な風が前から吹き付け、シャッターチャンスが瞬く間に去ってしまう。「もう一度、もう一度」。海から内陸へ、そして海岸線を、いつの間にか自分が高所恐怖症だということを忘れてカメラをギュッと掴みファインダーから入る青い世界の虜になっていた。
海岸線にはラグーンが発達し、内陸にあるものは、水分を失って白く光り、鉄分を多く含んだ大地とのコントラスト、そして海の深さによって変化するブルーの光景は空撮ならでは醍醐味である。
 西オーストラリア州西海岸中央部、パースからおよそ830キロにあるのが、この巨大なシャーク湾だ。1699年、英国の探検家、ウィリアム・ダンビアがここで大きなサメを捕獲したことから、彼によって名づけられた。イルカ、ジュゴン、クジラ、マンタなど300種の哺乳類や魚介類が生息し、自然豊かな海を形成している。オーストラリアと言えば、白い砂浜が広がる東海岸のゴールドコーストや中部のエアーズロックが有名だが、ここは、豊かな海、そして春には野生の花(ワイルドフラワー)、内陸に入れば奇岩が並ぶ砂漠地帯が広がり、ダイナミックなオーストラリアの自然を満喫できる場所だ。仲間が集まれば空からの観光もリーズナブルで利用でき、旅を一層思い出深いものにしてくれる。