大塚雅貴写真集「SAHARA」砂と風の大地 表紙

大塚雅貴写真集

「SAHARA」砂と風の大地

サイズB5判
(257o×182mm)
価格 2750円+税
発行 2015年5月29日発売
山と渓谷社刊

耕して天に至る

大塚雅貴写真掲載

美しきアルジェリア 
7つの世界遺産を巡る旅
(地球の歩き方GEM STONE)

 

価格1,995円(税別)
地球の歩き方編集室 発売中

耕して天に至る

大塚雅貴写真集

耕して天に至る
- 中国・雲南 世界一の棚田 -

価格2,600円(税別)
毎日新聞社 発売中

伝統工芸が息づく町・オアハカ(メキシコ)
オアハカ(メキシコ)01
オアハカ(メキシコ)02
オアハカ(メキシコ)02
オアハカ(メキシコ)04
オアハカ(メキシコ)05
オアハカ(メキシコ)06
オアハカ(メキシコ)07
オアハカ(メキシコ)08
オアハカ(メキシコ)09
オアハカ(メキシコ)10
オアハカ(メキシコ)11
オアハカ(メキシコ)12
オアハカ(メキシコ)13
オアハカ(メキシコ)14
オアハカ(メキシコ)15
オアハカ(メキシコ)16
オアハカ(メキシコ)17
オアハカ(メキシコ)18
オアハカ(メキシコ)19
オアハカ(メキシコ)20

伝統工芸が息づく町・オアハカ(メキシコ)

 首都メキシコシティーから南東におよそ400キロ、空路1時間で世界遺産の町オアハカに到着する。標高約1500メートル、メキシコの眩しい陽射しは大地を照らし、木々を彩る赤い花は心地よい風に吹かれ揺れていた。

 町の中心にある中央広場(ソカロ)から2キロ四方のエリアには、橙、ピンク、スカイブルー、エメラルドグリーンに彩られたカラフルな建物が並ぶ。丸みを帯びた石畳の道、アーチ型のアーケードなど、ヨーロッパの風情が感じられ、スペイン統治時代のコロニアル建築は真っ青なメキシコの空に映えていた。町で最もにぎやかな市場に行ってみると、様々な食材や生活雑貨が並び、中でも衣装や生地などを売る店が一際目を引く。その色彩の魅力に惹かれ一村一品運動が盛んな郊外にある伝統工芸の町に足を延ばしてみた。

 町から車で30分ほどのサン・アントニーノ・カスティージョ・ベラスコ村では、小さな花柄模様の刺繍から一枚のブラウスをつくる女性に出会った。椅子に座って黙々と作業を続けるその眼差しは、女性らしさの中に力強さを感じた。手に取ると、刺繍のモチーフとなっている花や鳥が一つ一つ細かく施され、鮮やかな色彩の中に繊細さと独自のデザインが織りなす素敵なワンピースだ。

 古くからタペテという敷物をつくり続けている村では、天然素材のみを使った羊毛織物が行われている。タペテは派手な色使いや独創的な模様で国内外からも注目されている人気商品。毛糸を紡ぐことからはじまり、それを黒、黄色、青、赤に染め、織ってゆく。他にも多くの職人が各村で自慢の一品をつくり生計を立てているという。

 オアハカにはたくさんの伝統工芸が息づいている。古き良き製法を守りながらも新しいアイデアを取り入れて、作品作りに挑戦する。それは各国から訪れる観光客の目を惹きつけ、仕事を続ける原動力にもなっているという。