大塚雅貴写真集「SAHARA」砂と風の大地 表紙

大塚雅貴写真集

「SAHARA」砂と風の大地

サイズB5判
(257o×182mm)
価格 2750円+税
発行 2015年5月29日発売
山と渓谷社刊

耕して天に至る

大塚雅貴写真掲載

美しきアルジェリア 
7つの世界遺産を巡る旅
(地球の歩き方GEM STONE)

 

価格1,995円(税別)
地球の歩き方編集室 発売中

耕して天に至る

大塚雅貴写真集

耕して天に至る
- 中国・雲南 世界一の棚田 -

価格2,600円(税別)
毎日新聞社 発売中

レユニオン島
熊野01
熊野02

素朴で温かい人々との出会いが魅力の小さな島

 プロペラが動きだし、8人乗りのセスナ機はアイルランド西部のゴールウェイ空港を飛び立った。ゆっくりと旋回し目指す目的地はアラン諸島のイニッシュマン島。操縦席近くの席から見る青い空と白波立つ大西洋。そこにはいくつも小島が浮かび、灰色の雲の隙間から夕日で染まる黄金色の日差しが海に降り注ぐと、神々しい光景が眼下に広がった。

 イニッシュマン島は、3つの島からなるアラン諸島の真ん中に位置する人口200人ほどの小さな島。空港には短い滑走路と待合室の建物のみ。周囲は草原や岩に覆われ、飛行機から降りると迎えの車以外は見当たらなかった。ただ、暖流のおかがで海からのそよ風は心地よく、日差しも暖かく感じられた。車に乗って丘を越えると、高さ1.5メートルほどの石垣が草地を取り囲み、パッチワークのように海岸まで続いていた。石灰岩でできたこの島には土がほんのわずか。そのため以前農業で暮らしていた人々は風で土が飛んでしまわないように石垣を築いたのだという。農業が行われていた島の産業は、現在観光が主で他には羊の放牧が盛んだ。

 この島は、暖かく柔らかい風合いを感じさせるアランセーターの発祥の地と言われ、丁寧に編みこまれたアランニットは、ニューヨークや東京にも輸出。高級衣料として店に並んでいるという。島内にある工場に立ち寄ってみると、地元の人たちが棚に並ぶたくさんの毛糸を手に取り色や強さを見極めながら上級の製品を仕上げていた。 町の中心を歩くと、小さなパブやカフェがある。羊の放牧に向かう男たち、ステンドグラスで彩られた教会で祈る子供たち。素朴で温かい人々との出会いがこの島の素敵なところ。また、地元の黒ビールを飲みながらアイルランドの穏やかな時間の流れに浸ってみるのもいいだろう。